FC2ブログ

雑記

絶望への招待 


やあ (´・ω・`)

ようこそ、クラブラバオへ。
このミミックはサービスだから、まずは引き寄せられてパクパクされて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、ヘルトラップを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、そう思って
このオデシーを作ったんだ。

じゃあ、今日も白豚からパケットを貰おうか。

ここ最近のオデシーは開始3分溜息スタートである。
なんと高確率で1箱目がミミックと化す。
コンテンツ始まって3分でやる気をゴソッと奪っていく。

それだけならまだマシかもしれない。
このミミックは高確率で他のモンスを絡ませるような位置取りをしてくる。
ミミック単体ならフェイスにタゲ取らせてログアウト余裕です^^ができるのであるがこれができない。
以前はミミック単体絡まれが多かったが、今ではミミックと他の複数絡まれが圧倒的である。

それを何とか超えて2層目に進んでも絶望が待ち受けている。
この時点で衰弱なのだ。
そして以前記載した法則その1つ。
衰弱時に開ける箱は高確率でミミック。
これが発動してくるのである。

そしてこれを乗り越えたとしても希望はないのだ。
この場合は近くにもう1つの箱があることも多く、それを開けてからログアウトもしくは戦闘不能になろうとする。
最近ではそれすら許してもらえない。
そう、2匹目のミミックがその層に降臨するのだ。
この時点で諦めの境地。
ミミック2匹同時多発の前にはホームポイントに戻るしか選択肢はないのである。

この地獄のような2層を超幸運でミミックから逃れたとしてもそれは安息ではない。
3層目で確実に殺しにかかってくるのだ。
2層では大人しくして油断させ、3層でミミック2匹同時攻撃を奴らは当たり前のように実行してくる。
これで詰みである。

ここを超幸運の更に先の奇跡で免れたとしてもトドメは刺される。
大抵の3層は箱3つをワープ(Translocator)に辿り着く前に取得する。
つまり時間短縮も考えてそのまま6層へとワープすることも少なくない。
そしてそこでも絶望が起こるのである。
1個目の箱はミミック、2個目の箱もミミックというまるで隙のない配置構成である。

そして最も恐ろしいのはこの絶望と恐怖のミミック祭が他垢でもリンクして発生するのだ。

私は今日も溜息から始まり絶望してコンテンツを終えるのである。

最後に1つ言わせてほしい。
イビルウェポンの生命感知は即時修正願いたい。
あれだけでも最近結構な頻度で困っている。

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://7l7l.blog.fc2.com/tb.php/367-340bda43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。