FC2ブログ

雑記

倉庫LV99計画 


いくつかの倉庫はLV99にはしていました。
しかし自分は複垢使用でその倉庫全てがLV99になっているわけではなかった。
作って本国で倉庫番しているだけのLV1。

368

これを全部LV99まで押し上げようというのが今回。

これには当然目的があって、それはA.M.A.N. トローブ。
倉庫でもチケットゲットでレアの確率上げようぜ作戦。
ずっと前に倉庫もLV99にした方からすれば今更感。

準備と手順は以下になるかなと思います。
ちなみに自分の場合は複垢前提で最後の試練などはメインキャラでの助っ人あり。
完全ソロの場合はもっと大変になりますな……。

■準備編
ログインキャンペーンを利用して以下のアイテムを取得しておく
獣神印章9個
魔人印章16個
香味石2個
骨の化石1個
牙の化石1個

以下アイテムを必要なタイミングまでに取得する
ゴゼビの野草4個
マンドラゴラの露もしくは蜂花粉を3個

また少なくてもジュノ周辺地図を購入

エミネンス受領
ユニティへの参加のために10個のクエをクリアする
ユニティワープは必須、ジュノへのワープも楽々
また、レベル上げを少しでも時短のためにエミネンスを受けるため

■レベル上げ
エスカ-ジ・タにて範囲狩り
エスカ-ジ・タに入るだけならLV3で発生する星唄ミッションの最初のイベントを見るだけ
限界クエはカンストまで稼いでクエをクリアしてキャップ解放のエミネンスを受けてクリアすれば次の限界クエを受けられる
LV20以上になったところでチョコボクエとマウントクエを受けてクリアする

■ミッションの消化
自国のランクを3にする
これは星唄ミッションをクリアして星唄の煌めき【二奏】を入手するところまで進めるため
星唄の煌めき【二奏】を入手することで限界クエのマート戦でフェイスを呼び出せる

■限界クエスト
これが何より一番厄介
LV99にするためのメインはこれ

「星の輝きを手に」「最後の試練!」がその中でもメインというか場合によっては躓くかと
「星の輝きを手に」は星唄の煌めき【二奏】を入手してフェイスと共に戦闘することで回避
「最後の試練!」は弱体アイテムを準備すると万全

[edit]

メドゥーサさん 


かなり久々な感じでしょうか。
前回は多分遠隔編成でやったと思いますがほぼ覚えていませんな。

367

複垢で遠隔は非常に面倒なので同じ戦法はとりたくない。
それよりもなによりも前向いたり後ろ向いたりってのが面倒この上ない。

というわけで複垢の味方、パッセですよね、はい。


今月の目玉はオデシーボスですね。
様子を見ながらかなー。
急いでやることはなさそう。

最近はオデシー全然行けてませぬ。
おかげで装備の強化が進んでいません。
まずはそれを鍛えてからでしょうか。

[edit]

王将の篭手 


ナイトの装備更新のカテゴリで詠唱中断がありますが1つ進捗がありました。
多分現状では最も取得難易度が高いもの。

はいどん!

366

明日がバージョンアップなので先ほど行ってきた箱開けでとてとての中身。
最後の最後で引けました。

今日の箱開けは毎月のエミネンス分だけ。
イベント等のチケットは未使用なのでこれはバージョンアップ後ですな。
あとは倉庫についても考えないとな……。

[edit]

アイテム整理で終わる1日 


今年もちゃちゃるん。
隣になんか増えてる気がするけども。

365

時々やってるアイテム整理。
これが毎回結構な時間を要する。
確実に言えるのは毎回それだけでその日のFF11が終わるくらいには時間がかかる。

みなさんはどうしてるんですかね。

これはもう使わんやろーという装備は倉庫キャラに送ったり。
このジョブの装備は一先ずモグ金庫内でいいかなーとか。

マイバッグだけはなるべくアイテムを持たないようにはしています。

[edit]

至徳集め 


今までも散々倒してきた至徳のNM。

362

何てったってメイン垢全員が錬成済みトルクを取得してますからな。
そりゃもう何十匹ずつは倒してますとも。

今回はWoCのトリガーがなくなったのでその補充。
トルク取りのように何度も同じNMをやる必要がないのでまだ楽ですかねえ。
……トルク取りはもうやりたくない。

しかし今回はNMによっては非常にわきづらい!わかにー!奴ー。
Warder of Fortitudeだったわけですがこれが多分2時間くらいはかかった。
Warder of Loveは10匹以内にはわいたからこれは助かったけども。

何にせよ目的を達成である。

363
364

[edit]

Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。